2016年01月19日

ベアミネラルの今までにはない新しいファンデーションの魅力

DSCN3788.jpg

気が付けばまたまたミネラルファンデーションでした。

私は案外ミネラルファンデ好きなのかもしれない。

そこには一つ大きな理由があって、お化粧でお肌を疲れさせたくないという気持ちがあるからです。

ファンデーションは、どんなのを付けていても、体調的にはあまり変わりませんので、それほど負担はないのかなとも思います。

時々、なんでこんなにくすんだ?とか疲れてるように見える色とかはありますけど・・・

それよりも、がっちりクレンジングする必要がない方がいいなと思います。

落ちにくいファンデーションよりも石けんでも大丈夫だよと謳っているミネラルファンデの方が気分的に石けんのみの洗顔で済ませられるのでいいですね。

でも、普通のファンデーションとかも結構使うので、半々くらいですかね。


ベアミネラルのティンテッド ジェルクリームは、@コスメで人気があったので、ちょっと買ってみようかなと・・・

それほどの期待感はなかったのですが、使ってみたらすごく好みでした。

専用のブラシもあり、使ってみましたが、手で付けるほうがいいかなと思います。

つけると、まずひんやり~とした感触で、まさにジェルというか、スキンケアのジェルを付けているような感じです。

そして、すごく良く伸びるところも、スキンケアっぽい。

使い心地はあまりファンデーションという感じがしないんです。

仕上がりも素肌っぽくって、ティンテッドとなってますが、ホントに薄化粧な感じです。

この上に、ベアのリキッドを使ったり、お店では、一般的なパウダーのタイプのミネラルファンデーションをさっと重ねていました。

ブラシを使ってさらに重ねづけすると、カバー力も上がるんですが、ごく自然な感じがこのファンデーションのいいところなので、ささっと伸ばしたら、あとは普通の粉くらいで仕上げるのが私は好きです。


ところで、ひんやりとしてツルツルした手触りの理由はというと、粉の外側をジェルで包んでいるからなんだそうですよ。

付けるとまず、ジェルが肌にあたって、そのあと顔料が肌に密着するようになってるんだって。

インサイドアウト処方というらしいです。

ひんやりでジェルっていうと、なんとなくさっぱりしたイメージがあって、夏向け?なんて思うんですが、これがとても潤う感じがあるんです。

スクワランやスキンケア成分も含まれているので、しっとり感があるんだと思うんですが、サラッと肌に触れる使い心地と、しっとりとした潤いを両立させているところが素敵なんです。

毎日毎日使いたくなってしまうんですよね。

特にミネラルファンデと合わせなくても、普段使っているファンデーションの下地としてもいいと思いますよ。
icon07.gif詳しい口コミはこちらにも

posted by kaory at 11:55
"ベアミネラルの今までにはない新しいファンデーションの魅力"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: