2017年11月22日

薄づきでもない厚塗りでもない

IMG_E8568.jpg

薄づきでもない厚塗りでもない・・・って、どこかに書いてあったような気がするケイトのシークレットスキンメイカーゼロ。

確かに、ファンデーションは、以前の塗って消すような質感から、限りなく素肌に近づいているような気がする~

もちろん、好みもあるので、そんなファンデばかりでもないけど、まぁ、どちらかというと業界が、そういうのがいいでしょうって言っている気もしないでもないけど

ただ、自分的には、あまり肌を隠してしまうようなファンデよりも、素肌っぽいほうが好き。

ただし、すっぴん肌ってのもあまり好きじゃない。

なので、シークレットスキンメイカーゼロには少し期待してました。

ですが、塗ってみたら、それほどこれは!って感じはなかったです。

私は色物はKATEを買うことが多いんです。

高いブランドの流行色だと、なんだかへんちくりんな色だったりするし、高いブランドの定番だと遊びがなくてつまんない、無難すぎって感じがしてました。

プチプラも使ってみたけど、まぁ結局プチプラだよね、なんていうものが多くて。

でも、KATEは、どれでも使うとイマドキ感が出てしまうんで、意外と年配の人で、流行がよくわかんないけど、少し今っぽい化粧をしたいという方なんかには、いいんじゃないかなって思うんです。

アイシャドウとかだけじゃなくって、アイブローとかアイライナーとかその程度で全然今っぽくなります。

でも、このファンデは、思ったほど、「オッ!」って感じじゃなかったな。

もっともっと補正力があると思ったんですが、そうでもなくって、ただの薄いファンデーションって感じでした。

プチプラだとしても、もう少し肌が綺麗に見えたら嬉しいです。

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください